メガネを自分で調整し幅を変えるには?メガネ調整のポイント

メガネをかけるときつい、緩いなど、幅を調整したくなる時ありませんか?
お店に行けば気軽に調整してもらえることもありますが、長く愛用している古いメガネをわざわざお店に持ち込むのも気が引けますし、できれば自分で調整してたいものです。

では、自分でメガネの幅を調整するにはどうすればいいのでしょうか。

幅を調整する方法についてご説明します。

メガネの幅の調整は自分でもできる!

メガネがずれてくるとお悩みの方。メガネは自分で調整することもできます。
実際、使用しているときに自分でちょっと曲げたことのある方も多いと思います。

ですがこれはあまりおすすめできない行為です。

メガネはセルフレームと呼ばれるプラスチック製のものと、金属製のメタルフレームがあります。
これらはどちらも手順を踏めば自分で調節できなくもありません。

メタルフレームは工具で、セルフレームは熱を加えることで調整が可能です

ですがどちらも少し間違えて場折れてしまったり、原状回復すらできないような結果に陥ってしまう可能性があります。

メガネのずれに悩んでいるならお店に持ち込むのが一番トラブルなく、快適に使えるようになる方法でしょう。

メガネは購入時にフィッティングと呼ばれる調整を行い、メガネを使う人に一番快適な形に調整されるのが基本です。

行っていない店もあるため一概には言えませんが、この調整された眼鏡は使用していくうちに形が変化しずれるようになることもあります。

買った時はしっくり来ていたメガネがずれるようになってきたな、と感じたらそれは目に見えない変形が起こっている証拠です。

こうなってきたらお店に持ち込み調整を行ってもらうことをおすすめします。

メガネの幅を調整するために必要な工具と調整方法

メガネの幅を調整したい場合はフレームの素材によって、違ったアプローチで調整ができます。

メタルフレームならばほんの少しだけ力を入れて曲げることで調整することができます。
セルフレームの場合はお湯やドライヤーを使ってあたためることで、曲げることができるようになりますが、メガネのレンズは熱に弱いためおすすめできる方法ではありません。

メガネのレンズにはいろいろなコーティング加工が施されており、このコーティングは40℃以上の熱には弱く、剥がれてしまいます

40℃前後のお湯につけて地道にあたためながらなら調整できないこともありませんが、その場合はレンズの劣化やフレームのゆがみなども自己責任となってしまいます。

どちらの方法も具体的に必要な工具などはありませんが、メガネをかけて生活しているなら横着して自分で調整してしまおうとせず、眼鏡屋さんで眼鏡のプロに調整してもらうのが一番安全でしょう。

工具を使わずにメガネの幅を調整する方法

おすすめはできませんが調整方法をいくつかご紹介します。
応急処置的なものですし、これを行って万が一破損があってもそれは自己責任となりますのでそのつもりでお試しください。

お湯を使って幅を調整する

メタルフレームは熱を加えなくても曲げることができますが、セルフレームはこのような方法を使って調整をしてみましょう。

準備するのはメガネが浸せるくらいの容器と40℃のお湯

この時お湯の温度が熱すぎると、セルフレームは白く変色してしまうことがあります。

さらに先述した通り、熱でレンズのコーティングを傷めてしまう可能性もあるため使用するお湯の温度には気を付けて作業を行ってください。

では作業に移りましょう。

しっかりとメガネをお湯につけて熱を加えます。
30秒から40秒ほどつけたら取り出してテンプルを曲げていきます。
幅が狭いと感じるなら広げるように外へ、大きいと感じているなら逆です。

一点に力をかけてしまうと折れてしまうため、力を入れ過ぎないようゆっくりと作業していきます。

顔にフィットするか確かめながら納得いく形にしていきましょう。

いかがですか?うまくできたでしょうか。

メガネの幅を調整する場合のポイント

メガネの幅は顔の幅とイコールと言えます。
顔の幅よりもメガネの幅が短ければ顔に食い込み使いにくいものとなりますし、逆でもちょっとしたことでずれてしまい快適とはいえません。

日本人は平均して顔の幅が13cm~15cm前後

使用しているうちにずれが生じ、その幅は15cm以上となっていることもしばしばです。

横幅の調整を行うときは平均値と言える14cmに合わせて幅を変えていくとかけやすくなる方が多いでしょう。

テンプルを曲げる際には力を入れてしっかりと行うか、ペンチを使って、と伝えているところもありますが、こうした作業をするときはもし万が一折れてしまったり、壊れてしまっても保証はつきません。

すべてを自己責任で、もし壊れてしまってもいいと思える場合のみにしておくのがいいと筆者は思います。

筆者はこうした調整を自分で行ってもっと面倒なことになるかもしれないと思いながら作業をするよりも、眼鏡屋さんにお世話になってもし壊れたとしても保証が付く状態で調整をプロに行ってもらう方がお得ではないかと思います。

このような自力での調整は応急処置として認識していただきたいものです。

メガネを長く快適に使うために必要なこと

メガネを長く快適に使っていくにはまず「メガネを優しく扱う」ことです。
物を大事にするというのは人として基本的なことではありますが、メガネは生活に馴染み過ぎてしまう部分もあるため今一度どんなことに気を付けて使うのがいいのか確かめておきましょう。

メガネの取り扱い

かけはずし

両手でしっかりとそれぞれのテンプルを持ち、十分開いてゆっくり掛けます。
外すときも同じです。
片手でかけはずしを行うとフレームの変形につながります。

メガネをたたむ

メガネをたたむときは左側のテンプルを先にたたみましょう。
多くのメガネは目には見えない程度に長さに違いがつけてあり、左側を先にたたむ仕様になっています。
逆にたたむとゆがみが生じたり、ケースに入らないものもあります。

置くとき

メガネを置くときはレンズは接地しないようにしましょう。
レンズを上向きにすることで、レンズが何かとこすれたりしてしまった場合のキズを防げます。レンズは丈夫そうに見えますが、非常にデリケートな素材です。
劣化につながる小さな傷も余りつけない様使っていきましょう。

濡れてしまったら

メガネが濡れてしまったらすぐに拭き取りましょう。
そのまま乾いてしまうと後が取れなくなるものなどもあるため、ティッシュや柔らかい布などですぐに拭き取りケアをしましょう。

少し上げただけでもこれだけあります。

メガネを長くかけていればいるだけ、扱いは雑になりやすいです。
毎日の「見る」を助けてくれているものですから大事に使っていけるといいですね。