レーヨンとポリエステルの洗濯方法についてポイントや注意点

レーヨンとポリエステルの洗濯の仕方についてご紹介致します。レーヨンの洋服は自宅で洗濯できないと聞いたことはありませんか?でも、レーヨンとポリエステルの洋服は軽くて使いやすく、おしゃれ着の洋服にもよく使われる素材なんです。
だからこそ、洗濯は失敗したくないですよね。

そこで、レーヨンとポリエステルの洗濯方法について、家で洗濯できるメリットやレーヨンとポリエステルの洋服の洗濯方法と注意点、レーヨンとポリエステルを混ぜたことで発生したデメリットなどお伝えしていきましょう。

これを読めば、お気に入りのレーヨンとポリエステルの洋服の洗濯方法がわかり、安心して自宅で洗うことができます。正しい洗濯方法でお気に入りをより長く楽しみましょう。

レーヨンとポリエステルの素材の洋服は家で洗濯できる

レーヨンもポリエステルも化学繊維で、天然繊維に比べて丈夫で扱いが簡単という特徴があります。レーヨンは水に弱いので洗濯が難しく、クリーニングに出しているという人も多いのではないでしょうか。
レーヨンでも家で水洗いをすることができるものもあります。

レーヨン100%だと洗濯が難しいため水洗いができない場合が多くなってしまいますが、レーヨンにポリエステルが入っていると家で水洗いができることがあります。レーヨンはおしゃれ着によく使われている素材ですが、毎回クリーニングに出すとなると経済的にも負担になってしまいますよね。

家で洗濯ができるかどうかは衣類のタグを見てください。タグには洗濯表示があります。洗濯機や桶のマークが洗い方を表していますので、これらのマークがついていると家で洗濯をすることができます。洗濯機や桶のマークの場合は洗濯機を使って洗うことができ、桶に手があるマークや手洗イという文字があるマークなら洗濯機は使えませんが、家で手洗いをすることができます。
家で洗濯ができないのは桶にバツ印がついているマークがある場合です。この場合は家で洗うことは諦めて、クリーニングに出すようにしましょう。

レーヨンとポリエステルの洋服の洗濯方法

レーヨンとポリエステルの素材だと家で洗うことが可能な場合があります。まずは洗濯表示を確認してみてください。
レーヨンは水に弱い性質のため、洗うときにもポイントがあります。通常の洗濯のように洗っては生地に負担をかけてしまいますので、使用する洗剤にも気をつけて生地を傷めない洗い方をする必要があります。洗剤は通常の洗濯で使う洗剤ではなく、中性洗剤を使います。アクロンやエマールなどのおしゃれ着洗い用の洗剤を用意してください。
大切にしている衣類などは洗濯機で洗える表示でも手洗いをすることをおすすめします。

レーヨンの手洗い方法

  1. 衣類が全部入るくらいの大きさの洗面器や洗濯桶に水をためたら、洗濯用の中性洗剤を溶かして洗濯液を作ります。
  2. 衣類を軽くたたんで、洗濯液の中に入れます。軽い力で衣類を洗濯液の中に沈めたり浮かせたりしながら押し洗いをしてください。レーヨンは水に弱いため、素早く洗うことがコツです。
  3. キレイな水にかえて、すすぎます。洗うときと同じように軽く押したりしながら洗剤を流してください。すすぐときも手早く行います。
  4. 洗濯ネットに入れてから洗濯機で脱水をします。脱水時間は30秒ほどにしてください。
  5. 脱水が終わったらすぐに取り出して陰干しをします。

洗濯機で洗う方法

  1. 衣類を洗濯ネットに入れてから、洗濯機の中に入れます。
  2. 中性洗剤をセットしたら、洗濯機のドライコースや手洗いコースを選びます。通常の洗濯で使う標準コースだと洗い方が強すぎますので、必ずやさしく洗うコースを選んでください。
  3. 脱水時間も短く設定します。30秒位にしてください。

レーヨンとポリエステルの洋服を洗濯するときの注意点

レーヨンとポリエステルの洋服の洗濯は、素材の特徴を理解して、素材に合わせた洗い方をすることが大切です。

レーヨンは木材パルプから作られた再生繊維で、ドレープ性があり滑らかな触り心地ですが、吸水性が高く、水には弱くてシワになりやすいという面があります。
ポリエステルは吸水性が低いため水に強く、しわにもなりにくい丈夫な素材になります。レーヨンは扱いが難しい素材ですが、ポリエステルを混ぜることで比較的扱いやすくなっています。

レーヨンが水に弱い性質を持っているため、水洗いをするときは水に長い時間つけておくことはしないで、できるだけ素早く洗うことが必要です。
シワになりやすい面もあるため、脱水は短くし、脱水が終わったらすぐに干すことも重要です。シワを取るためにアイロンを使うときはドライアイロンでかけ、水に弱いためスチームを使うのは避けてください。

ポリエステルは丈夫で強い素材ですが、レーヨンはデリケートな素材ですので、洗濯のときはできるだけやさしく洗うようにします。

レーヨンとポリエステルを混ぜたことで発生したデメリット

扱いが面倒なレーヨンですが、ポリエステルを混ぜることで家で洗濯が可能になったりと、レーヨンの弱い面をポリエステルが補ってくれて扱いやすくなります。
家で洗濯が可能になったとは言え、レーヨンとポリエステルの素材には毛玉ができやすいというデメリットがあります。レーヨンという弱い繊維とポリエステルの強い繊維のそれぞれ真逆の繊維が混ざっているため、繊維同士が絡み合いやすく毛玉ができやすくなってしまいます。
また、レーヨンもポリエステルも化学繊維のため、静電気が起こりやすいのも毛玉の原因のひとつです。

毛玉を防ぐためには、洗濯をするときに柔軟剤を使うようにしてください。柔軟剤には衣類の滑りを良くして静電気を防ぐ働きがあります。
手洗いするときはすすぎの最後に柔軟剤を加え、洗濯機で洗うときも柔軟剤をセットするのを忘れないでください。

毛玉ができてしまうと、せっかくのオシャレ着も見た目が悪くなってしまいます。古くくたびれた感じがでてしまいますので、毛玉ができるのを防ぐようにし、出来てしまった毛玉はこまめに取り除くようにしましょう。

お気に入りの洋服は正しい洗濯方法で楽しみましょう

レーヨンとポリエステルは互いに全く違った性質を持っています。ポリエステルを加えることでレーヨンは扱いやすくなりましたが、その分、毛玉ができやすくなってしまったというデメリットもあります。
素材の特徴を意識して扱うことで、できるだけキレイな状態のまま長く着られるようになります。

ポリエステルが入っているとは言え、レーヨンはデリケートな素材のおしゃれ着です。洗濯をするときはレーヨンの特徴に合わせてやさしく洗い、水に弱いためできるだけ素早く洗って水につける時間を短くすることが大切です。

生地は着用や洗濯を繰り返すことでどうしても傷みや劣化を早めてしまいます。一度着た洋服はすぐにクローゼットにしまわずに、洋服ブラシをかけてホコリを落として繊維の流れを整えてから、一晩は干しておくようにしてください。

汚れを見つけたらすぐに落とすことも重要です。汚れは放置しておくとどんどん落としにくくなります。汚れをキレイに落としたいからとゴシゴシ洗うと生地を傷めてしまいます。汚れの部分には先に洗剤の原液をつけておくと、汚れを落としやすくなります。

洋服はその素材の特徴をおさえて正しく扱うことで、長く着られることができます。レーヨンとポリエステルの素材はポイントさえおさえておくと難しくはありません。ぜひ、ここで紹介した方法を参考にしてみてくださいね。