警察と消防の採用試験で難易度や倍率はどれくらいか調査

警察官や消防士、どちらの方が難易度が高いのかと考える方も多いと思います。
どちらとも狭き門のように感じますが、難易度に違いはあるのでしょうか?

そこで、消防士や警察官の採用試験についてご紹介します。

どちらも人気の仕事です。競争率の高い試験なので、事前にしっかりとリサーチしておきましょう。

消防士になるには資格が必要なのか

男性の憧れる職業に、「消防士」が上げられると思います。ドラマや映画からも刺激を貰うこともあるかもしれませんが、警察官など、男性からしてみても、「かっこいい職業」になると思います。

大体の方は、消防士になるのに、何か資格が必要なのでは?と思うと思います。なんだか、そんなイメージありますよね?

消防士になるには、実は資格は入りません

意外に感じられるかもしれませんが、消防士になるのに資格は必要ありません。必要な過程としては、地方公務員になることになるので、消防士になるには、各自治体の消防士採用試験に受かる必要があります。

ただ、救急車に乗って、命を助ける救急救命士は国家試験に合格する必要があります。地方公務員になるのか、救急救命士になるのか、それで合格しなくてはいけない過程が変わってきます。あなたはどちらの職業につきたいですか?

消防士になるための難易度

警察官や消防士は、競争倍率が高い職業になってくると思います。実際、消防士になるには、どの位の難易度があり、競争倍率もどの位になってくるのでしょうか。

試験の難易度は幅広い

独学で各自治体の消防士採用試験に合格する方もいると思います。ただ、試験の範囲が幅広いので、予備校などに通って合格する方もいます。

思っている以上に、難易度が高い試験のように思えます。ただ、難易度はそれぞれの地区によって異なるので、一概には言えません。

競争倍率は高い

地域によって倍率は高くなってくると思いますが、基本的には、競争倍率は高いものだと考えて下さい。それだけ男性からみても魅力的な職業ですし、採用人数にも限りがあるのだと思います。ただ、地方の方が競争倍率が低いと思います。あなたがどの地方の消防士になりたいかで倍率も変わってきます。

警察や消防の試験には体力試験がある!難易度はどのくらい

警察や消防の試験というと、どんなものを思い浮かべますか?実際の警察の仕事をみてみると、「体力も使うし、メンタル的にも強くなくちゃいけないんだろうな」と感じると思います。

実務に入る時にもかなり体力を使うテストになるので、警察官になるテストには、体力試験が含まれます。

試験には一次、二次の試験があり、どちらかが、体力試験になる

内容としては、1500M走る、握力などの検査になります。どの位の体力がテストに必要になるかというと、言葉で表すのであれば、あくまでも「普通」のレベルになります。

上記でも述べていますが、警察官や消防士になるには、実際の業務で体力が必要になります。その「基礎的」なレベルが入社前にあるのかどうかを判断していくのだと思います。
合否に関しては、この作業が何回以上できないとダメなど、ボーダーラインが置かれていると思います。それがクリアできれば、問題なく合格できるレベルだと思います。

始めからそれほどシビアになる必要はないと思います。ただ、ある程度の体力がないと、警察学校に入ってから、苦労するハメになると思います。

警察と消防では難易度が高いのはどちらなのか

警察も消防も中学生や高校生からしてみると、「なってみたいな」と思う憧れの職業ですよね。どちらともかっこいい職業ではあるけれど、どちらの方が難易度が高いのか、難易度について説明していきます。

難易度だけをみると、警察の方が、消防よりも難易度は易しい

そう言われると、「それじゃ、警察の方が簡単になれるのかな?」と思いがちになると思います。ですが、警察も給料が高かったり、待遇が良いので、競争倍率が高い職業になります。

その難関を乗り越えるには、しっかりとした対策が必要になります。安易に、「じゃ、警察を選ぼうかな」と選ぶべきではないと思います。

警察は、正義感が溢れている人が志望することもあるので、より多くの方が応募する傾向もあるようです。その分、どこで差を出すかというと、きちんとした対策になると思うので、簡単に準備なしで、警察官採用試験を受けることはお勧めできません。

人気がある職業な分、十分な対策が必要になってきます。

警察官採用試験の二次試験にはこんな調査もある

警察官に将来是非なってみたい方には、二次試験に、人物調査があることを覚えておいた方が良いと思います。

将来、あなたが試験を受ける時、先程も少し触れましたが、一次試験と二次試験があります。一次試験は割とスムーズに合格できると思いますが、問題なのが、二次試験。人物調査というものがあり、それで、あなたの家庭や親戚に何か前科がないかどうか、念入りに調査が入ります。

これでひっかかって不合格になる方もいます。これは、あなたの努力だけではどうにもならない事ですから、本当に真剣に警察になることを夢みているのであれば、二次試験の人物調査が、どれだけシビアなものなのか、問い合わせてみると良いと思います。

あなたが警察官になりたい願望が強ければ強いほど、何か障害があるものがあれば、クリアにしておきたいと思いますよね。今からでも、調査してみるべきだと思います。

特に若い男性からしてみると、警察と消防はあこがれの職業、人を助けることができたり、また、正義を貫くことができる職業なので、人気度も高いものだと思います。どの位の難易度なのか、上記の記事で説明してきました。あなたの参考にはなりましたか?

特に、人物調査については、あなたが本気で警察に将来なりたいと考えているのであれば、どれだけの事を求められるのか、事前に調べておいた方が良いと思います。あなたの努力だけではどうにもならないことなので、その点を前もってクリアにするか、方向を変えて、消防や別の職業を目指すことをお勧めします。