上半身に筋肉がつかない原因。うまくいかないことには理由がある

上半身に筋肉がつかない時の原因を紹介します。
ウエイトトレーニングを行っても、上半身の筋肉が鍛え上がらないことには、いくつかの原因が考えられます。

体質だと言ってしまえばそれまでですが、筋肉は正しい方法で鍛えれば、しっかりと成果が表れます。
まずは、上半身の筋肉がつかない理由や原因を考えてみましょう。
筋肉のことばかり考えていてはなりません。
食事や姿勢も重要なポイントとなります。

それでは、上半身の筋肉をつけるアレコレについて、ご紹介いたします。

上半身の筋肉がつかない!考えられる理由

上半身に適度に筋肉がついていて引き締まっている身体は、男性女性のどちらからみても魅力的ですよね。
ただ、筋肉をつける努力はしているのに全然筋肉がつかない場合には、どうしたら良いのか悩むと思います。

一生懸命トレーニングをしても上半身に筋肉がつかない

いくつか考えられる理由があります。

1つはトレーニングの「フォーム」が間違っている可能性がある

筋肉をつけるためには、正しいフォームでトレーニングを行う必要があります。
自分のフォームが正しく行われているのか、一度動画を撮って確認してみてはいかがでしょうか。
正しいフォームでトレーニングを行われていれば、筋肉がしっかりと使われているのを実感できますよ。

2つめは「食事」を気にかけていない可能性がある

みなさんも一度は耳にしたことがあると思いますが、筋肉をつけるためには「食事」を気にすることも大切です。
そのため、日々の食事でそういったことを全く気にしてなかったという方は、一度食事の内容を見直してみると良いかもしれません。

上半身の筋肉をつけたい!最も必要な2つのこと

上半身の筋肉をつける際に最も重要なことは「トレーニング」と「食事」です。
そこでこの2つのどんなことに気をつければいいのか、ご紹介したいと思います。

筋肉トレーニングについて

筋肉をつけるためにはもちろんトレーニングが欠かせませんが、どれくらいの頻度や回数で行っていますか?
筋肉は「自分が限界と感じてそれを超えない程度の回数」で行うことが最も効果があるため、トレーニング回数は自分に合わせた回数で行うことが大切です。
また、筋肉を効率良く鍛えるためには「適度な頻度」も重要なポイントとなりますが、基本的には毎日のトレーニングはオススメしません。
なぜなら筋肉は、トレーニングによってついた傷を修復する作業を繰り返し行うことで、より強い筋肉となるからです。
そのため、毎日のトレーニングは傷が修復するための時間を与えないということになり、傷は多くなる一方で筋肉をつけるのには逆効果となってしまいます。

このことからトレーニングは「筋肉痛がおさまった段階で自分に合った回数で行うこと」が最も効果を得ることができます。
無理なトレーニングは筋肉にとって悪影響だということを忘れないで下さいね。

筋肉に関する食事について

一方で、筋肉を効率良く鍛えるためには適度に「タンパク質」を摂取する食事を意識することも大切です。
目安としては自分の体重の2倍程度のグラム数を摂取するように心がけましょう。
また、タンパク質は肉や魚、卵や大豆製品など普段の食事でも簡単に取り入れることができますので、ぜひ試してみて下さいね。

上半身に筋肉がつかないのは、下半身をしっかり鍛えていないからかも

上半身の筋肉をつけたいと思うと、基本的には上半身を中心に鍛えるという方が多いと思います。

もちろん上半身を中心に鍛えることは悪いわけではありませんが、基本的に筋肉は、身体の構造上鍛えると「まんべんなく身体の全体的についていく」と言われています。
そのため、上半身に筋肉をつけたいからと言って上半身を中心に鍛えても、集中して1箇所だけにつく可能性は低い場合もあります。

また、上半身に筋肉がつかないのは「下半身」の筋肉が足りていないことが原因になっている可能性も考えられます。
上半身に筋肉をつけたいから下半身を鍛えるトレーニングはしていないという方は、一度ベンチプレス等で下半身を鍛えるトレーニングをしてみてはいかがでしょうか。
行うと分かりますが、下半身を鍛えるはずのトレーニングなのに腹筋など上半身の筋肉も使っていることがお分かり頂けると思います。

このように下半身鍛えれば、上半身にも筋肉がつきやすくなるかもしれません。

筋肉がつきにくい体質というのもある

いくらトレーニングをしても上半身に筋肉がつかない原因は、もしかすると「体質」が関係しているのかもしれません。

はっきりと断言することはできませんが、筋肉がつきやすい体質かつきにくい体質かは遺伝が関係するらしく、遺伝によってはつきにくい体質になる場合もあるようです。
もしも遺伝が関係しているとすれば、トレーニングを行っても筋肉がつかない可能性はありますよね。

しかしいくら遺伝だとは言っても、行っているトレーニングや食事管理が全く意味の無いことになるというわけではありません。
こうしたことは身体の健康を維持する上でもとても良いことになりますので、決して悪い意味では捉えないで下さいね。

上半身に筋肉がつかないのは、姿勢が悪いことが原因かも

上半身に筋肉がつかない原因には様々なことをご紹介してきましたが、原因のひとつに「姿勢が悪いこと」が関係している可能性もあるかもしれません。

姿勢が悪い人とは基本的に猫背の人ということになりますが、猫背の人は太ももの裏が硬い傾向にあります。
太ももの裏が硬いと膝は曲がり骨盤は後ろに傾いてしまい、体勢を保つためには、上半身を前に倒さなければいけません。
上半身を前に倒すということは背中は丸まりますので、肩甲骨の位置は上にあがり、自然と肩に力が入ることで胸の筋肉は硬くなってしまいます。

こうなってしまうと上半身を鍛えても、上半身の筋肉はかたまっていますのでうまく鍛えることができず、筋肉がつかない場合があります。

また、姿勢が悪いということはトレーニングに悪影響を与える可能性があるほか、見た目的にも決して良いとは言えませんよね。
上半身の筋肉をつけるためには食事やトレーニングを気にかけることも大切ですが、姿勢が丸まり気味だなぁという方は姿勢も気にかけみると良いかもしれません。

警察と消防の採用試験で難易度や倍率はどれくらいか調査

警察官や消防士、どちらの方が難易度が高いのかと考える方も多いと思います。
どちらとも狭き門のように感じますが、難易度に違いはあるのでしょうか?

そこで、消防士や警察官の採用試験についてご紹介します。

どちらも人気の仕事です。競争率の高い試験なので、事前にしっかりとリサーチしておきましょう。

消防士になるには資格が必要なのか

男性の憧れる職業に、「消防士」が上げられると思います。ドラマや映画からも刺激を貰うこともあるかもしれませんが、警察官など、男性からしてみても、「かっこいい職業」になると思います。

大体の方は、消防士になるのに、何か資格が必要なのでは?と思うと思います。なんだか、そんなイメージありますよね?

消防士になるには、実は資格は入りません

意外に感じられるかもしれませんが、消防士になるのに資格は必要ありません。必要な過程としては、地方公務員になることになるので、消防士になるには、各自治体の消防士採用試験に受かる必要があります。

ただ、救急車に乗って、命を助ける救急救命士は国家試験に合格する必要があります。地方公務員になるのか、救急救命士になるのか、それで合格しなくてはいけない過程が変わってきます。あなたはどちらの職業につきたいですか?

消防士になるための難易度

警察官や消防士は、競争倍率が高い職業になってくると思います。実際、消防士になるには、どの位の難易度があり、競争倍率もどの位になってくるのでしょうか。

試験の難易度は幅広い

独学で各自治体の消防士採用試験に合格する方もいると思います。ただ、試験の範囲が幅広いので、予備校などに通って合格する方もいます。

思っている以上に、難易度が高い試験のように思えます。ただ、難易度はそれぞれの地区によって異なるので、一概には言えません。

競争倍率は高い

地域によって倍率は高くなってくると思いますが、基本的には、競争倍率は高いものだと考えて下さい。それだけ男性からみても魅力的な職業ですし、採用人数にも限りがあるのだと思います。ただ、地方の方が競争倍率が低いと思います。あなたがどの地方の消防士になりたいかで倍率も変わってきます。

警察や消防の試験には体力試験がある!難易度はどのくらい

警察や消防の試験というと、どんなものを思い浮かべますか?実際の警察の仕事をみてみると、「体力も使うし、メンタル的にも強くなくちゃいけないんだろうな」と感じると思います。

実務に入る時にもかなり体力を使うテストになるので、警察官になるテストには、体力試験が含まれます。

試験には一次、二次の試験があり、どちらかが、体力試験になる

内容としては、1500M走る、握力などの検査になります。どの位の体力がテストに必要になるかというと、言葉で表すのであれば、あくまでも「普通」のレベルになります。

上記でも述べていますが、警察官や消防士になるには、実際の業務で体力が必要になります。その「基礎的」なレベルが入社前にあるのかどうかを判断していくのだと思います。
合否に関しては、この作業が何回以上できないとダメなど、ボーダーラインが置かれていると思います。それがクリアできれば、問題なく合格できるレベルだと思います。

始めからそれほどシビアになる必要はないと思います。ただ、ある程度の体力がないと、警察学校に入ってから、苦労するハメになると思います。

警察と消防では難易度が高いのはどちらなのか

警察も消防も中学生や高校生からしてみると、「なってみたいな」と思う憧れの職業ですよね。どちらともかっこいい職業ではあるけれど、どちらの方が難易度が高いのか、難易度について説明していきます。

難易度だけをみると、警察の方が、消防よりも難易度は易しい

そう言われると、「それじゃ、警察の方が簡単になれるのかな?」と思いがちになると思います。ですが、警察も給料が高かったり、待遇が良いので、競争倍率が高い職業になります。

その難関を乗り越えるには、しっかりとした対策が必要になります。安易に、「じゃ、警察を選ぼうかな」と選ぶべきではないと思います。

警察は、正義感が溢れている人が志望することもあるので、より多くの方が応募する傾向もあるようです。その分、どこで差を出すかというと、きちんとした対策になると思うので、簡単に準備なしで、警察官採用試験を受けることはお勧めできません。

人気がある職業な分、十分な対策が必要になってきます。

警察官採用試験の二次試験にはこんな調査もある

警察官に将来是非なってみたい方には、二次試験に、人物調査があることを覚えておいた方が良いと思います。

将来、あなたが試験を受ける時、先程も少し触れましたが、一次試験と二次試験があります。一次試験は割とスムーズに合格できると思いますが、問題なのが、二次試験。人物調査というものがあり、それで、あなたの家庭や親戚に何か前科がないかどうか、念入りに調査が入ります。

これでひっかかって不合格になる方もいます。これは、あなたの努力だけではどうにもならない事ですから、本当に真剣に警察になることを夢みているのであれば、二次試験の人物調査が、どれだけシビアなものなのか、問い合わせてみると良いと思います。

あなたが警察官になりたい願望が強ければ強いほど、何か障害があるものがあれば、クリアにしておきたいと思いますよね。今からでも、調査してみるべきだと思います。

特に若い男性からしてみると、警察と消防はあこがれの職業、人を助けることができたり、また、正義を貫くことができる職業なので、人気度も高いものだと思います。どの位の難易度なのか、上記の記事で説明してきました。あなたの参考にはなりましたか?

特に、人物調査については、あなたが本気で警察に将来なりたいと考えているのであれば、どれだけの事を求められるのか、事前に調べておいた方が良いと思います。あなたの努力だけではどうにもならないことなので、その点を前もってクリアにするか、方向を変えて、消防や別の職業を目指すことをお勧めします。

電車の車掌になるには!必要な学歴と車掌登録用試験・必要な能力

学生さんたちの中には、電車の車掌になりたいという夢を抱いている人もいるのではないでしょうか。

電車の車掌になるには一体どうすれば良いのか、知識を得たいという人もいることだと思います。

ここでは、電車の車掌になるために必要な学歴や、車掌になるまでの道筋についてお伝えします。

そのような方法で車掌になることができるのかを知って、将来の夢に向かって進みましょう。

電車の車掌になるには、駅員としての勤務実績や試験に合格する必要があるようです。夢を叶えるためにも、頑張って仕事や勉強に励んでください。

電車の車掌になるには!必要な学歴

電車の車掌になるには、いくつか必要な条件があります。
条件や、試験、勤務などについてご紹介していきます。

電車の車掌になるための条件

学歴

基本的には最終学歴が高卒以上です。

専門学校や短大、四年制の大学などを卒業してから就職する人は、現業職としてではなく、一般職である事務だったり本社で会社の幹部を目指していく総合職などが多いです。

商業高校、工業高校を卒業してから就職する人は乗務員が多いと言われています。

色覚や矯正メガネ視力

電車車掌は、信号など確認する必要性があるために、正常な色覚が必要です。
もちろん見えないでは困るので、最低基準の視力も求められ、矯正眼鏡視力で1.0以上とされています。

必要な能力

いつ何が起きても対処できる事が求められます。
焦らずに正確な判断がすぐできる事は大切です。

また、安全を守る事はもちろん、細かい事がたくさんあります。
ちょっとした事でも気がついて対応できる能力も必要になります。

電車の車掌になるには鉄道会社への入社が鉄則

車掌になりたい人は、電車の運転をする人を思い浮かべる人も多いかと思います。

しかし、先ほどご紹介したように、大学を卒業した人は、総合職や事務員として入社する人が殆どです。

なのでここでは高校卒業して車掌になる順番を簡単にご紹介します。

高校を卒業して、鉄道会社への採用試験に合格したら、鉄道会社へ入社します。

まずは鉄道会社で駅員として勤務する事になると思います。

そこではまず案内などの接客、改札などの業務、安全業務などを主に経験します。

駅員としての期間は大体1年から2年位と言われています。

駅員として接客や改札、安全などを覚え鉄道会社に慣れた後、車掌の登用試験を受けます。

次に車掌登録用試験についてご紹介します。

電車の車掌になるには「車掌登録用試験」に合格する必要がある

高校を卒業して、視力や色覚が問題がなければ、鉄道会社への試験に合格し、入社するとお伝えしました。

入社したらまず駅員になるのですが、経験後、車掌登録用試験というものに合格しないと車掌になれません。

車掌登録用試験では座学研修、実地研修があります。
そして教習、学科試験、適正試験を受ける事になります。

実習で車掌としての業務を教わった後に実技試験があります。

学科試験、適正試験、実技試験など全て合格してから、念願の車掌となります。

車掌といっても、その後経験をどんどん積んで指導車掌になる人もいますし、運転士の訓練をして国家試験を受ける人もいます。

運転士は、基本的に車掌期間が2年以上後に志願できると言われています。

推薦がいるので会社の上の人に相談しましょう。

車掌や運転士を指導監督する助役、駅長などもありますが、人気があるのは運転士です。

電車の仕事内容と求められる能力

車掌としての仕事とは基本的にどのようなものかご紹介します。

車掌は電車運転士と一緒に、電車の乗客の駅から駅までの移動の安全を考えて乗せて届けます。

車内でアナウンスしたり、切符の確認したり、何かあった時に対処したり、ホームでの安全確認をしたりします。

ホームの安全を確認してドアを開け閉めしたり運転士に出発の合図を出すのも車掌の仕事なので、安全を第一に、できるだけ時間を守れるように考えます。

車内はもちろん線路上やホームも瞬時に把握する必要性があるので、気遣える能力が求められます。

体調が悪くなってしまった人や、何かのトラブルがあった時にも対応するので、先に経験する駅員での経験はとても大切でしょう。

もしも事故などがあった場合は、運転士と車掌は速やかに必要なところへ連絡し、乗客を誘導したり救出したりします。

電車なのか新幹線なのかによっても、その電車で仕事内容が変わってきますので、ご自身のなりたいイメージに近いものを知っておきましょう。

電車の車掌の勤務について

その鉄道会社によっても、長距離なのか短距離なのかによっても違ってきますが、交代制の場合や、数人の車掌で一緒にやる場合、泊まりになる勤務の場合などもあります。

出勤して制服に着替えたら、その日のスケジュールを把握します。

車掌と運転士は協力していきます。

会社によって様々ですが、1日の流れとして乗務を開始して、休憩の1時間ほどの間に食事やトイレを済ませます。

業務が終わった後は、次の出勤のスケジュールを確認しておきます。

泊まりの場合は車内で仮眠を取る事が殆どでしょう。

泊まり勤務や早朝勤務、深夜業務などがあったりと大変な面もありますが、その分は給料も高めになります。

女性の車掌も増えてきています。

どんどん無人でも大丈夫な位の電車が増えてきて、少人数での行動になってくるかもしれませんが、まだまだ必要性のある仕事です。