レーヨンとポリエステルの洗濯方法についてポイントや注意点

レーヨンとポリエステルの洗濯の仕方についてご紹介致します。レーヨンの洋服は自宅で洗濯できないと聞いたことはありませんか?でも、レーヨンとポリエステルの洋服は軽くて使いやすく、おしゃれ着の洋服にもよく使われる素材なんです。
だからこそ、洗濯は失敗したくないですよね。

そこで、レーヨンとポリエステルの洗濯方法について、家で洗濯できるメリットやレーヨンとポリエステルの洋服の洗濯方法と注意点、レーヨンとポリエステルを混ぜたことで発生したデメリットなどお伝えしていきましょう。

これを読めば、お気に入りのレーヨンとポリエステルの洋服の洗濯方法がわかり、安心して自宅で洗うことができます。正しい洗濯方法でお気に入りをより長く楽しみましょう。

レーヨンとポリエステルの素材の洋服は家で洗濯できる

レーヨンもポリエステルも化学繊維で、天然繊維に比べて丈夫で扱いが簡単という特徴があります。レーヨンは水に弱いので洗濯が難しく、クリーニングに出しているという人も多いのではないでしょうか。
レーヨンでも家で水洗いをすることができるものもあります。

レーヨン100%だと洗濯が難しいため水洗いができない場合が多くなってしまいますが、レーヨンにポリエステルが入っていると家で水洗いができることがあります。レーヨンはおしゃれ着によく使われている素材ですが、毎回クリーニングに出すとなると経済的にも負担になってしまいますよね。

家で洗濯ができるかどうかは衣類のタグを見てください。タグには洗濯表示があります。洗濯機や桶のマークが洗い方を表していますので、これらのマークがついていると家で洗濯をすることができます。洗濯機や桶のマークの場合は洗濯機を使って洗うことができ、桶に手があるマークや手洗イという文字があるマークなら洗濯機は使えませんが、家で手洗いをすることができます。
家で洗濯ができないのは桶にバツ印がついているマークがある場合です。この場合は家で洗うことは諦めて、クリーニングに出すようにしましょう。

レーヨンとポリエステルの洋服の洗濯方法

レーヨンとポリエステルの素材だと家で洗うことが可能な場合があります。まずは洗濯表示を確認してみてください。
レーヨンは水に弱い性質のため、洗うときにもポイントがあります。通常の洗濯のように洗っては生地に負担をかけてしまいますので、使用する洗剤にも気をつけて生地を傷めない洗い方をする必要があります。洗剤は通常の洗濯で使う洗剤ではなく、中性洗剤を使います。アクロンやエマールなどのおしゃれ着洗い用の洗剤を用意してください。
大切にしている衣類などは洗濯機で洗える表示でも手洗いをすることをおすすめします。

レーヨンの手洗い方法

  1. 衣類が全部入るくらいの大きさの洗面器や洗濯桶に水をためたら、洗濯用の中性洗剤を溶かして洗濯液を作ります。
  2. 衣類を軽くたたんで、洗濯液の中に入れます。軽い力で衣類を洗濯液の中に沈めたり浮かせたりしながら押し洗いをしてください。レーヨンは水に弱いため、素早く洗うことがコツです。
  3. キレイな水にかえて、すすぎます。洗うときと同じように軽く押したりしながら洗剤を流してください。すすぐときも手早く行います。
  4. 洗濯ネットに入れてから洗濯機で脱水をします。脱水時間は30秒ほどにしてください。
  5. 脱水が終わったらすぐに取り出して陰干しをします。

洗濯機で洗う方法

  1. 衣類を洗濯ネットに入れてから、洗濯機の中に入れます。
  2. 中性洗剤をセットしたら、洗濯機のドライコースや手洗いコースを選びます。通常の洗濯で使う標準コースだと洗い方が強すぎますので、必ずやさしく洗うコースを選んでください。
  3. 脱水時間も短く設定します。30秒位にしてください。

レーヨンとポリエステルの洋服を洗濯するときの注意点

レーヨンとポリエステルの洋服の洗濯は、素材の特徴を理解して、素材に合わせた洗い方をすることが大切です。

レーヨンは木材パルプから作られた再生繊維で、ドレープ性があり滑らかな触り心地ですが、吸水性が高く、水には弱くてシワになりやすいという面があります。
ポリエステルは吸水性が低いため水に強く、しわにもなりにくい丈夫な素材になります。レーヨンは扱いが難しい素材ですが、ポリエステルを混ぜることで比較的扱いやすくなっています。

レーヨンが水に弱い性質を持っているため、水洗いをするときは水に長い時間つけておくことはしないで、できるだけ素早く洗うことが必要です。
シワになりやすい面もあるため、脱水は短くし、脱水が終わったらすぐに干すことも重要です。シワを取るためにアイロンを使うときはドライアイロンでかけ、水に弱いためスチームを使うのは避けてください。

ポリエステルは丈夫で強い素材ですが、レーヨンはデリケートな素材ですので、洗濯のときはできるだけやさしく洗うようにします。

レーヨンとポリエステルを混ぜたことで発生したデメリット

扱いが面倒なレーヨンですが、ポリエステルを混ぜることで家で洗濯が可能になったりと、レーヨンの弱い面をポリエステルが補ってくれて扱いやすくなります。
家で洗濯が可能になったとは言え、レーヨンとポリエステルの素材には毛玉ができやすいというデメリットがあります。レーヨンという弱い繊維とポリエステルの強い繊維のそれぞれ真逆の繊維が混ざっているため、繊維同士が絡み合いやすく毛玉ができやすくなってしまいます。
また、レーヨンもポリエステルも化学繊維のため、静電気が起こりやすいのも毛玉の原因のひとつです。

毛玉を防ぐためには、洗濯をするときに柔軟剤を使うようにしてください。柔軟剤には衣類の滑りを良くして静電気を防ぐ働きがあります。
手洗いするときはすすぎの最後に柔軟剤を加え、洗濯機で洗うときも柔軟剤をセットするのを忘れないでください。

毛玉ができてしまうと、せっかくのオシャレ着も見た目が悪くなってしまいます。古くくたびれた感じがでてしまいますので、毛玉ができるのを防ぐようにし、出来てしまった毛玉はこまめに取り除くようにしましょう。

お気に入りの洋服は正しい洗濯方法で楽しみましょう

レーヨンとポリエステルは互いに全く違った性質を持っています。ポリエステルを加えることでレーヨンは扱いやすくなりましたが、その分、毛玉ができやすくなってしまったというデメリットもあります。
素材の特徴を意識して扱うことで、できるだけキレイな状態のまま長く着られるようになります。

ポリエステルが入っているとは言え、レーヨンはデリケートな素材のおしゃれ着です。洗濯をするときはレーヨンの特徴に合わせてやさしく洗い、水に弱いためできるだけ素早く洗って水につける時間を短くすることが大切です。

生地は着用や洗濯を繰り返すことでどうしても傷みや劣化を早めてしまいます。一度着た洋服はすぐにクローゼットにしまわずに、洋服ブラシをかけてホコリを落として繊維の流れを整えてから、一晩は干しておくようにしてください。

汚れを見つけたらすぐに落とすことも重要です。汚れは放置しておくとどんどん落としにくくなります。汚れをキレイに落としたいからとゴシゴシ洗うと生地を傷めてしまいます。汚れの部分には先に洗剤の原液をつけておくと、汚れを落としやすくなります。

洋服はその素材の特徴をおさえて正しく扱うことで、長く着られることができます。レーヨンとポリエステルの素材はポイントさえおさえておくと難しくはありません。ぜひ、ここで紹介した方法を参考にしてみてくださいね。

男性への苦手意識を克服して結婚する方法について解説します

「男性は苦手だけど、結婚はしたい。」実はそんな女性がたくさんいるといいます。

しかし、なぜ男性が苦手なのか、その原因について自分で理解しないと結婚には結びつきません。

そこで今回は、男性が苦手な女性に多い原因とその苦手意識を克服して結婚する方法について説明します。まず自分がなぜ男性が苦手になってしまったのか、原因を見つけるようにしましょう。

また、結婚に向けて婚活する場合、男性への苦手意識を持ったままだと不利になってしまう可能性もあります。本気で結婚したいのであれば、男性への苦手意識を克服することが必要となるでしょう。

なぜ自分は男性が苦手なのか、原因を見つけてから結婚について考えましょう

未婚の女性の中には、結婚に憧れているという方もたくさんいると思いますが、結婚にはパートナーが不可欠です。
このパートナー探しに苦労しているという女性も、たくさんいるようなのです。

苦労してしまう理由に、男性に対して苦手意識を持っているということがあります。
ただ漠然と苦手だと思っていても、なぜ苦手なのかという原因を知らなくては前に進めません。

苦手な原因別の特徴と、その対処法について紹介していくので参考にして下さい。

苦手な原因や特徴

免疫欠如タイプ

男性と関わる機会が少なかったゆえに、男性に対しての免疫が欠如しているタイプです。
会話をすることにも緊張して、本来の自分を出すことが出来ないという女性はここに当てはまります。

会話を楽しむことも出来ない自分に、更に自信をなくしてしまいがちですが、そんな風に落ち込むことはありません。
男性に対して必要以上に緊張してしまうことは、必ずしも短所ではありません。

むしろ男性側も将来を共にする女性に対して、そのくらいの奥ゆかしさに魅力を感じることだってあります。

男性と一気に距離を縮めることは難しいので、友達として徐々に仲良くなるということが向いています。
二人きりだと緊張がピークに達してしまうので、仲間同士で過ごしたり少しずつ免疫を高めていけると、自分らしく会話も楽しめるようになるでしょう。

達観タイプ

男性に対して期待やときめきを感じられないタイプです。
父親に対して幻滅している母親を見て過ごしてきた女性に多く見られます。

同級生のようにお互いの過去を知っている同士だと、相性が良いことが多いです。
同級生だと、子供の頃の笑えるようなエピソードも知っているので、過剰に相手に対して期待することをせず、それが将来を考えられるような安定した関係を築けそうと思わせてくれます。

男性へ抱いた期待を裏切られると、男性という存在に対してのトラウマがより一層濃くなるので、期待しすぎないということが大切になってきます。

連敗自滅タイプ

辛い恋愛経験を引きずっているタイプです。
実はこのタイプの女性が多いです。

恋愛は辛いものだと思い込んでしまい、新しい恋愛に対して積極的になれずにいます。

このような場合は、誠実さを重視してみてはどうでしょう。
職場の上司など信頼出来る人に、誰か合う人がいないか聞いてみるといいです。

信頼出来る人が紹介してくれるのであれば、その人も信頼出来る人柄でしょう。
共通の紹介者がいることで、お互い信頼関係を築くまでに時間もかからず、将来を考えることも自然と出来るようになってきます。

男性への苦手意識を克服する方法を実践してみましょう

先ほどタイプ別に対処法を紹介してきましたが、男性への苦手意識そのものが克服出来たら、もっと恋愛を楽しむことが出来そうです。
男性への苦手意識を克服する方法を紹介していきます。

男性への苦手意識を克服する方法

人柄に目を向ける

男性というだけで苦手と感じるのは、先入観が邪魔している部分もあります。
男性にもいろいろな人がいて、価値観や性格も人それぞれです。

男性だから、という考え方で判断するのではなく、人柄や考え方などその人にしかない内面に目を向けてみましょう。

人柄は性別にとらわれることではないので、きっと男性への苦手意識も克服出来るはずです。

知人の恋愛話を聞かせてもらう

友人などの幸せな恋愛話を聞いてみるのも一つです。
幸せなエピソードを聞いているうちに、自分も恋愛をしたいという気持ちが高まっていくでしょう。

そして男性と一緒にいても、こんなに幸せを感じることが出来るんだという発見もあります。

苦手ということは男性と一緒にいても幸せになれるということを、想定もしていなかったと思います。
想定していなかったことを聞いたとき、人は強い衝撃を覚えます。

知人の話を聞いて、男性への価値観が変わったという人は実際にたくさんいるのでおすすめです。

男と話すことも苦手な人は、挨拶することから始めましょう

男性が苦手だからといって、女性と会話をすることも抵抗があるというわけではないですよね。
女性となら問題なく話せるというなら、相手を男性だと意識しすぎないように心がけてみましょう。

そして挨拶から始めてみましょう。
挨拶は人と人の当たり前のコミュニケーションです。

男性という意識を取っ払ったからと言っても、すぐに会話が上手に出来るわけではありません。

なので挨拶というコミュニケーション経験を積み重ねて、男性との関わりを増やしたり、今まで根付いていた先入観を変えていくキッカケにしてみましょう。

挨拶をされて不快な気分になる人はいません。
相手の男性もにこやかに反応してくれるはずです。

相手が好意的な態度だと、自然と気持ちもリラックスしますよね。
いつの間にか男性に対して感じていた負の気持ちが薄らいでいくでしょう。

男性への苦手意識がなくならないと、結婚はできません

男性への苦手意識を持ったままでは、結婚をすることは不可能でしょう。
苦手な人と一緒の生活なんて、考えられないはずです。

将来的に結婚を考えるなら、苦手意識を克服することは絶対です。

苦手意識を徐々に克服して、実際に男性と交際を始めても潜在的に苦手意識が残っていると、いろいろな考えが頭によぎることでしょう。

交際を始めて何か壁にぶつかったら、こんなことを思い出してみて下さい。

恋愛=結婚ではない

恋愛をしてお互いのことをたくさん知ることが出来たら、そのまま結婚を意識するとは思いますが、絶対にその相手と結婚しなければいけないということではありません。

恋愛は自由に楽しむことが出来ます。

なのでいろいろな男性の中から、自分に合っている人を見つけることが一番です。
恋愛というものに対して、もう少し考え方を軽くしてみるといいかもしれません。

完璧な人はいない、適度な妥協も必要

自分にも短所があるように、誰にでも少なからず短所はあります。
何もかも完璧な人はいません。

一緒にいるときの安心感や居心地の良さは、結婚を考える上では重要です。
作り出そうとして作れることではありません。

他に欠点と感じる部分があるとしても、居心地の良さと比べたときに欠点が下回るなら多少の妥協も必要でしょう。

自分の中で何を優先するのか、この機会に考えてみるといいでしょう。

男性が結婚したい女性のタイプについて頭に入れておきましょう

男性への苦手意識を克服するだけで、必ず理想的な男性に出会えるということではありません。
女性が男性に求める理想があるように、男性も女性に対して求めている理想があります。

結婚する女性となると、その理想はよりシビアになることもあるので、男性が結婚を考えたくなるような女性のタイプを頭に入れておきましょう。

男性が結婚したい女性のタイプ

家庭的な女性

結婚をすると毎日の生活を一緒に送ることになります。
家事が一切出来ない女性よりは、断然家庭的な女性が理想という男性が多いです。

確かに仕事が終わっても、部屋が散らかっていたり冷たい惣菜が食卓に並んでいる家だと、帰る足取りも重くなります。

完璧にする必要はありませんが、女性には家庭的な部分を持っていて欲しいというのは、多くの男性が望んでいるようです。

一緒にいて居心地が良い

居心地の良くない相手とは、結婚を考えることは出来ません。
一緒にいて楽しくて、その中にも安心感がある、そんな相手とならこれからもずっと一緒にいたいと思えます。

男性が苦手だからと言ってそっけない態度を取る女性には、魅力を感じてくれる男性は少ないのが現状です。

価値観が同じ

価値観と言ってもいろいろなジャンルがあります。
結婚するとなると、価値観はさらに重要なことになります。

中でも金銭面の価値観があまりにズレていると、結婚した後にも関わらず関係性が悪くなることがあるほど、金銭の価値観は重要です。

男性に高収入を求めたり、奢ってもらって当然という考え方は男性には魅力的に感じません。
また金銭感覚が緩く、平気で高価な買い物が出来たり、豪華なレストランばかり行くという浪費癖に思えるような部分は、奥さんとして家計を任せたいとは思わないようです。

絵を趣味として始めよう!おすすめの種類と必要なものについて

子どもの頃から絵を描くのが好きだった人は、大人になって趣味としてまた始めたいと思うのではないでしょうか。

しかし、絵を描くと言ってもいろいろな種類があり、何を用意すればいいのか、初心者にはどんな種類の絵にすればいいのかわからない人も多いでしょう。

今回は絵を描くことを趣味にしたい人のための絵の種類や始めるにあたって用意すべきものについて説明します。

また、デジタルの絵を描くために必要なものもご紹介します。興味のある人はぜひチャレンジしてみて下さい。

絵を描くことを趣味にしたい人は、まず種類について理解しましょう

絵を描くことが好きな方は、普段から趣味の一つとして絵を描く時間を大切にしています。
その中でも水彩画や油絵など、さらに描きたいジャンルが決まってくるようなので、これから本格的に趣味として絵を描こうと考えている方は、まず絵の種類について理解することから始めてみましょう。

描き方なども細かく分けると本当にたくさんの種類がありますが、ここでは絵の種類について大きく分けて紹介していきます。

絵の種類について

水彩画

水彩絵の具を使って絵を描きます。
子供の頃から幼稚園や学校で使うため、親しみやすい絵の種類です。

絵の具を水で薄めたり、色を混ぜて使うことが出来るので、理想通りの色を使って描くことが比較的簡単に出来ますが、消すことが出来ないので一度着色するとやり直しがききません。

筆の使い方を変えると、違ったニュアンスを表現することも出来、アレンジが自在な絵の種類になります。

油絵

油絵の具を使います。
油絵と聞くと、本当に絵が好きで本格的に描いている、という印象があります。

しかし水彩画とは違い、もし失敗しても上から描き足すことが出来るので、実は初心者に向いている描き方です。

アクリル画

アクリル絵の具を使います。
使い方のバリエーションが広く、水で薄めて水彩画のように、水を使わず油絵のように描くことが出来ます。

速乾性と耐久性が特徴的で、野外に飾っても大丈夫なほどです。

パステル画

パステルはクレヨンに近いイメージだとわかりやすいでしょう。

粉末を固めたパステルを、削って着色したり、直接指で着色したり出来るので、同じ色でも全然違った風合いを表現することが出来ます。

色鉛筆画

色鉛筆はどの家庭でも1セットはあるのではないでしょうか。
用意や準備もせずに、すぐに始められそうですね。

初心者でも使いやすいので、最初は一番描きやすい種類かと思います。

鉛筆画

鉛筆一つで絵を描きます。
濃さの違う鉛筆を使い分けることはありますが、色は黒一色なので難易度は高く感じます。

鉛筆画を好む方は、黒一色で驚くほどリアルな絵を描き、まるで白黒写真のように見えるほどです。

絵を趣味にしたい人におすすめの種類について

これから絵を趣味にしたい方には、水彩画や油絵、色鉛筆画が描きやすいかと思います。
特に油絵は描き直しが出来るので、失敗しやすい初心者でも挑戦しやすいと感じる方も多いです。

失敗を修正出来ない種類だと、なかなか理想的な絵が完成しなくて、途中で挫折してしまうこともあるのだとか。

また油絵を経験してみて、改めて絵の楽しさを感じたという方も多いので、油絵ならではの魅力があるようです。

と言っても楽しく描けることが大切なので、この種類でなければというルールはありません。
描きたい絵のタッチによっても使う道具は変わってくるので、まずは自分が描きたい絵を想像してみるといいですね。

趣味としてアナログの絵の種類から始める人のために必要な画材と練習方法

次は絵の描き方の種類について説明していきます。

絵の描き方と言えば、紙などに絵を描くことが当然だと思っていたのですが、最近ではパソコンやタブレットを使って絵を描くことも出来るので、ここでは紙を使った描き方をアナログと呼びます。

アナログの絵を描くために必要なものは

  • 鉛筆
  • 消しゴム
  • 色鉛筆や絵の具

最初は描き直しが出来るように、色を付ける前に鉛筆で下書きをしましょう。
失敗しても消しゴムで消して、何度でも気の済むまで描き直しが出来ます。

消しゴムはプラスチック消しゴムを使うことが多いと思いますが、用途に応じて練り消しゴムと使い分けると、バリエーションが広がります。
鉛筆で描いた線を完全に消すときはプラスチック消しゴム、線を薄くするときは練り消しゴムが適しています。

色を付けるときは好みで色鉛筆や絵の具を使いますが、コピックというイラスト用のマーカーもあります。
コミック漫画の表紙のような絵が描きたいときは、コピックを使うとグッと雰囲気が出ます。

描き方はどのような種類でも、まず初心者は模写やデッサンをして、目で見たものをいかに忠実に絵で表現出来るかということから始めてみましょう。

見たものを描くことが出来なければ、自分で想像して描くということはかなりハードルが高いはずです。

デジタルで絵を描きたい人に必要なもの

続いてデジタルで絵を描きたい方は、パソコンやタブレット、または普段から使用しているスマートフォンを使って絵を描くという方法があります。

どの道具が適しているか、描き方を参考に考えてみて下さい。

デジタルで絵を描くときの道具について

デスクトップパソコン

デスクトップパソコンは持ち運びが出来ないので、必ず家の決まったデスクで絵を描くという方に適しています。

すでにデスクトップパソコンを持っているなら、あとはソフトを入れると絵を描き始めることが出来ます。

ノートパソコン

出先や家の中でも使う場所が決まっていないという場合は、持ち運びが出来るノートパソコンが適しています。
タブレットでも出来ますが、本格的に絵を描きたいなら大きな画面と容量のあるパソコンの方がおすすめです。

タブレットやスマートフォン

どのような場面で描くということを決めずに、気分が乗ったときに気軽に描きたいという場合は、タブレットやスマートフォンを使って描くと良いでしょう。

いずれの方法にしてもアプリやソフトをダウンロードして絵を描くことになります。
無料のものから有料のものまで様々ですが、やはり無料のものだと描ける絵の種類に限りがあるようです。

空いた時間のちょこっと趣味なら無料のソフトから始めても良いですが、たくさん描きたいという方は有料のソフトの方が希望通りの絵を描くことが出来そうです。

趣味として絵を始める人のための上達のコツは「模写」です

では実際に絵を描いていくのですが、ただ描いていても上達するというわけではありません。
より上達するためのコツは、模写をすることです。

見本となる絵や写真を真似て描くことで、技術だけではなく観察力も養われます。
絵を描く上で観察力も必要な力です。

模写の手順も紹介していくので参考にして下さい。

  1. まずはだいたいの特徴を捉える
    最初の段階では、見本となる絵の大まかな特徴を捉えていきます。
    顔と体のバランスや全体の余白など、ざっくりと描く程度で大丈夫です。
  2. 簡単な図形で模写する
    顔を丸く、体を長方形になど簡単な図形を使って、徐々に完成に近付けていきます。
    絵が得意ではない人は、最初から顔を丁寧に、体を丁寧にと一つずつ描いていきますが、全体にバランスを捉えずに描くので、仕上がりがどうしてもバランス悪く見えてしまうのです。
  3. 絵にしていく
    先ほど描いた簡単な図形の中に、絵を描き込んでいきます。
    顔の表情など細かい部分も、この段階で描き込んでいきます。
  4. 必要のない部分を消す
    最後に図形など完成の絵に必要のない線などを消します。
    最終的には消しますが、この図形を描く手間が完成の絵のレベルを上げてくれます。